• category

  • souryou

    • twitter twitter twitter
  • 南太平洋に住む原住民によると、海水が天から注がれたとき、海の神Ohav Lai(オハブ・レイ)は人食いザメに海の制覇をかけた戦いを挑まれました。
    太平洋の深海における長い一日の戦いの後、オハブ・レイは大きなサメの歯を身につけて海から出てきたのです。
    この日から南太平洋に住む原住民たちは、人食いザメの歯は海の悪魔から人々を解放し、長期にわたる繁栄をもたらすものとして信じられるようになりました。