龍球 /KAISOU 沖縄
  • category

  • souryou

    • twitter twitter twitter
  • adan

    シルバーアクセサリー

    龍球

    ¥9,000+税

    琉球と言う呼び名は龍の玉(龍球)からきているという説があります。
    龍は中国から沖縄に伝わったものであり、中国皇帝の象徴であったように、権力の強大さや地位の高さを表しています。
    首里城にも国王の象徴とされ正殿大龍柱を含めて城内には33体の龍が棲んでいるといわれています。
    そしてその龍の好物が玉であり、龍が玉を持つ姿や玉をくわえる姿がよく描かれています。玉自体もあらゆる幸運や運気を引き寄せるものとして古来より信じられてきました。
    先史時代から、沖縄は中国と交流があり、中国の人々は夜光貝を求めて来航し、夜光貝は螺鈿細工の材料としても多くの需要がありました。
    中国の人々から見て沖縄は龍の玉のような、幸運を象徴するような存在に見えそう呼ぶようになったのかもしれません。


    サイズ:  
    素材: シルバー925
     

    開閉式で玉が取り出せるようになっています

       
    トップ+ 球:夜光貝 (チェーン別売り)


    トップ+ 球:ラピスラズリ(チェーン別売り)