2008年サバニ帆漕レース
古座間味〜那覇港沖

2008年6月29日の第9回サバニ帆漕レースの模様です。
画面をクリックすると大きな画像で開けます。




2008年6月25日 昨年に引き続きサバにレースに向けてレース会場である座間味島まで那覇を出発。メンバーは6人
平日だと言うのに4日も5日も休める人は、そうはいない人生をやりたいことを優先したおバカな面々。
レースに参加するチームは30数チームあるというのに直接サバニで会場に向かうチームは私たちを除いていない。
次のレースの時はどこかのチームと合流でもしたいものだ。私はどちらかと言うとレースより、こっちが楽しみなのだ。



初日は渡嘉敷島北端にある無人島 ジシップ島。 島の住人 野生のヤギがお出迎え 多くの無人島キャンプサイトの
中でもここはトップクラスの場所なのだ。 よって一泊の予定だったが、もう一泊ここに留まる事とする。 
いっその事 ここでレース観戦でもしようかなー
レース前日、那覇からゾクゾク入ってくるクルーやスタッフ そしてサバニ サバニ サバニ 色々なサバニを見れるのも
サバニレースの楽しみの一つだ。 他チームは早々に砂浜にサバニを上げているのに私たちは時間を惜しんで何度も
サバニを海に繰り出す。 他のチームはきっと練習に余念がないチームだと感じているのかも知れないが、
単に座間味の海を時を惜しんで楽しんでいるだけなのだが・・・



パタゴニア社からレースに向けてユニフォームを頂いた。 
海想のクルー更には応援隊を含めると総勢50人は優に超える。よって座間味村主催の前夜祭には参加せず、
独自の宴を開く 今年の海想はエンターティナーが揃い宴は延々と続く。 



カウントダウン1時間前



レース直前 お母さん頑張るからネ! どうでもいいけど、もう少し緊張してもいいんじゃない?



スタート、いきなりゴツン。 応援隊は伴走船へ 
両サイドに見覚えのあるチームが(左 ざまみ丸 右 ニヌハチーム) 同じ方向に37艇のサバニが向かっているのに
あっという間にバラバラになる。
今年もいい風に いい波だー! サバにレースはやっぱりこうでなくっちゃ!!
伴走船のゴムボートが来ない! 想いの外 早すぎてサバニに着いて来れないのだ! 
やっと追いついた時は2時間後クルーはこのまま最後まで漕ぎ抜こうと覚悟していた。 のだ!!それはそれでいいが、、
やっと追いついた時は風がマックスに吹いていて波は高く交代のタイミングが取れない! 
しかし気持ちのいい風&波ダー マスト と ウシカキ(マストを支える横板) が ギィーギィー悲鳴を上げている。
先頭を行くチームざまみ丸 捕えられそうで捉えられない! スタートから後ろ姿が見えるのだが、、
ゴール!!  2位 ちょっと微妙  優勝したざまみ丸と記念撮影。

この二日後 飽き足らずに同じコースを逆に走り島々を巡るサバニ旅にでた。 

                                              

レース出場にあたり今年も多くの方から協賛いただきありがとうございました。

・パタゴニア日本支社 ・株式会社一点鐘 ・株式会社林檎プロモーション
・有限会社ココブロス ・トムス株式会社  ・泊埠頭開発株式会社 
・やんばる海の駅 ・有限会社コスモ不動産 ・有限会社サークルエヌ

その他にも多くの方々から協賛いただきました。

Copyright(C)2005海想オリジナル, Inc. All rights reserved