2006年サバニ旅
沖縄〜与論〜沖永良部〜徳之島〜加計呂麻〜名瀬

航海マップ


2006年7月17日〜7月21日 総移動距離約260kmを2隻のサバニで旅をした時の様子です。



7月17日午前7時00分 
国頭村奥の港を出発

港を出てしばらくは島影のためほとんど無風、漕ぎながらゆっくりと進んでゆく

与論島の広いリーフ内を走る
百合が浜で有名な大金久海岸に到着

与論島の日の出

海鳥に見送られながら与論を出発 沖永良部に向かう

この日は風が無くノロノロ運転 少しでも風をつかもうと、ありったけの帆を広げる

11時間半かかって沖永良部和泊港に到着 もう日が暮れかかっている

港で野宿していたら漁師に魚を頂きました ラッキー

翌日はしっかり風が吹き猛スピードで徳之島に進んでゆく

あっという間に徳之島が見えてきた、昨日のノロノロ運転がウソのよう

徳之島里久浜海岸に到着
後ろに見えるのが奄美大島 

上陸するとすぐに地元の方々からビールやアイスが届く ありがたきかな

奄美大島南端の与路島と請島の間を抜ける、ここは潮流の激しい難所のひとつ

加計呂麻島西阿室に到着
今日も風に運ばれて思いのほか早く到着

伊東家の食卓
いよいよ明日は最終日名瀬に向かう

早朝加計呂麻島を出発
この旅一番の大時化になり、かなり波が高い

無事に名瀬港に到着
やはり風が強かったおかげでかなり早く着いた

楽しかった!
それにしてもサバニの性能のすごさを実感する旅でした


Copyright(C)2005海想オリジナル, Inc. All rights reserved